借入金の返済に困ったとき

カードローンなどの借入金の返済が遅れそうなときは、まずはそのカードローン会社に連絡をするのが基本です。このとき、単に返済が遅れそうだということだけではなく、いつ頃であれば返せそうなのかという見込みを伝えることが大事です。

ローン会社も、もちろん返済が遅れてくれるのは困ることは間違いないのですが、そこで借り手を萎縮させるようなことを言っても何のプラスにもならないと分かっていますから、そういうようなことにはならないはずです。ローン会社にとっても、どうすればきちんと借入金が返してもらえそうなのかを一緒になって考えることが、結局は近道であると知っているのです。

しかし、仏の顔も何とやらです。あまりに何度も何度もそういうことがあるようだと、もちろん事態はだんだんと深刻なものになっていくことは覚悟しておかないといけません。返済期日、必要な金額などをしっかりと把握、管理しておき、遅れることのないようにするのが第一であることは言うまでもありません。

なお、もしうっかりしていて返済期日を過ぎてしまったような場合は、電話や葉書で督促が来ることになります。一番いけないのはこの督促を無視することです。そういうことをしても事態は全く改善されません。むしろ悪化させるだけです。誰しもうっかりということはあるものですから、督促に気づいた時点でローン会社にこちらからきちんと連絡を取り、事情を説明するのは当然のことです。

なお、借入金の返済にどうしても困るようであれば、例えば借り換えというような方策を取ることは一つの方法です。複数の借入があるようなときには特に有効になる可能性がある方法で、複数の借入を一本化することにより金利負担が減少することが多いからです。金利負担が減少することで毎月の支払額も減少することになります。このような場合には、借り換え、おまとめローンなどを扱っている金融機関で一度相談してみるのがよいかもしれません。